チューター制度

入学当初の留学生が、不便なく学習や日常生活ができるように、原則として日本人の学生がチューターとして個別の支援を行います。チューターの具体的役割は、留学生の学習・研究指導(予習・復習の補助)や、日本語指導、日常の世話(学内外の案内、諸手続きのための市役所等への同行、買い物、宿舎探しの補助)等です。日本での留学生活に慣れるよう、ぜひチューター制度を積極的に活用して下さい。なお、指定されたチューターが自分に適していないときは、遠慮なく指導教員等に相談してください。

(注)指導期間及び時間は、留学生の渡日時期や留学期間等により異なります。