資格外活動(アルバイト等)の許可

留学の目的は勉学・研究ですので、アルバイトをすることは勧められません。

ただし、必要がある場合は、地方入国管理局に資格外活動の許可(ティーチング・アシスタント、リサーチ・アシスタント、チューターに従事する場合は不要。)申請を行い、勉学・研究に支障をきたさないと判断された場合は、1週間当たり28時間の範囲内でアルバイトに従事することができます。なお、大学の夏休み、冬休み及び春休みの期間中は、1日8時間以内のアルバイトに従事することができます。アルバイトをする場合は、必ず指導教員と相談してください。

資格外活動の許可を得ずにアルバイトをしたり、許可時間数を超えた場合は、処罰の対象となります。留学生は、風俗営業又は風俗関連営業が行われる場所(キャバレー、パチンコ屋、麻雀屋、個室マッサージ、ストリップ劇場、ラブホテル、など)でのアルバイトは禁止されています。また、休学中はアルバイトは一切できません。

必要書類(詳しくは法務省のHP参照)

  1. 資格外活動許可申請書(用紙は地方入国管理局にあります)
  2. 申請に係る活動の内容を明らかにする書類
  3. 在留カード又は外国人登録証明書
  4. 旅券

地方入国管理局から資格外活動許可を受けた後は、学生交流課(1A棟1階)に在留カード又はパスポート(外国人登録証明書保有者の場合)を持参し、許可のスタンプを提示してください。