国民健康保険

在留資格「留学」の外国人留学生は、必ず国民健康保険に加入してください。

国民健康保険に加入することにより、医療費の負担は3割で済みます。この保険に加入するには年間1人約20,000円の保険税が必要ですが、大きな病気やけがで入院した場合などには大変有利な制度があります(※注を参照)。特に、家族同伴者は、加入すると医療費の負担が軽くなります。

加入は、在留カードまたは外国人登録証明書を持参し、市役所等の国民健康保険課で行ってください。新入学生は、市役所等で居住地の届け出を行うときに、国民健康保険の加入手続きをすませてください。

加入の届け出が遅れると、保険税をさかのぼって納めなければならなくなったり、保険証がないために、その間の医療費を全額自己負担することになります。なお、住所を変更したときや、在留期間を延長したとき、留学期間を終了し帰国するときは、市役所等に必ず届け出てください。

「高額医療負担制度」ひと月内に同じ病院で受けた治療費が一定の金額を超えた場合に、その超えた額について払戻しを受けられる制度。