研究生

研究生の出願について

選考は、書類審査により行われますので来日する必要はありません。出願にあたっては、あらかじめ本学の教員が指導教員となる旨、内諾している必要があります。出願前に、 自ら本学の教員と研究計画、日本語能力等について充分な連絡をとり、指導教員の内諾をもらい、指導教員から指導教員連絡状況調書(内諾書)を本学学生交流課に提出してもらっていることが出願の前提となります。

(注)

  • 「留学生のための筑波大学入学案内」や「筑波大学研究者情報システム(TRIOS)」に掲載されている教員の氏名と研究分野の一覧を参考に、ご自分でメールまたは郵便で直接各教員と連絡をとってください。
  • 学生交流課では 教員の紹介や、メールアドレス等の照会には応じられません。
  • 各研究科事務室の所在地は、「留学生のための筑波大学入学案内」巻末の「その他」に一覧表が掲載されています。
  • 返信をもらえない場合の事例として、韓国語、中国語など日本語以外のウェブメールサー ビスからメールを送ると、メール本文を日本語で書いたとしても文字化けがおこり、指導教員が読めないということがあります。ウェブメールを用いて日本語の メールを送信する場合は日本のウェブメールサービスのアカウントを取得してメールを送信することをお勧めします。

指導教員との連絡方法

希望する指導教員と連絡をとる場合、いきなり「指導教員になってください。」というのでは、指導教員も驚いてしまいます。自己紹介のほか指導教員と手紙等で連絡をとる場合の基本的な事項を以下に記します。

  1. 学歴(小学校~大学・大学院修了まで)
  2. 職歴
  3. どのようにして指導教員の名前を知ったか
  4. 指導教員を希望した理由
  5. 研究計画
  6. 大学院進学希望の有無(修士又は博士)
  7. 日本滞在中の経費負担の方法
  8. 卒業証明書・成績証明書の写し
  9. 出身大学の指導教員からの推薦状の写し
  10. 日本語能力の証明(日本語能力試験の結果の写しまたは日本語教員からの証明書の写し)

この他、指導教員から手紙に対する質問等があるので、手紙のやり取りは数回必要になるでしょう。このため、願書提出の2~3か月前には1回目の連絡をとる必要があります。

出願期間

2017年4月入学

出願期間:2016年10月3日~2016年10月14日
選考結果の通知:2016年12月中旬
入学時期:2017年4月

2017年10月入学

出願期間:2017年4月3日~2017年4月14日
選考結果の通知:2017年6月中旬
入学時期:2017年10月

2017年12月入学

出願期間:2017年6月5日~2017年6月16日
選考結果の通知:2017年8月中旬
入学時期:2017年12月

募集要項

2017年度筑波大学外国人研究生出願要項等をダウンロードすることができます。

  1. 2017年度入学筑波大学外国人研究生出願要項(PDF
  2. 検定料の払込受付証明書貼付用紙 (PDF)
  3. 2017年度入学筑波大学外国人研究生入学願書 (PDF/ WORD)
  4. 指導教員連絡状況調書 (PDF/ WORD)
  5. 推薦状 (PDF/ WORD)
  6. 2017年度外国人研究生出願書類等チェックリスト (PDF)

検定料(9800円)の支払い方法

海外から

日本から

ご注意: 情報は変更される場合があります。最新の情報は「外国人留学生のための筑波大学入学案内」をご覧ください。または、学生交流課までお問い合わせください。