オフィス概要

Tashkent Office筑波大学タシケントオフィスは、2007(平成19)年6月1日に、ウズベキスタン共和国タシケント市のタシケント国立東洋学大学内に、筑波大学2番目の海外拠点「筑波大学中央アジア国際連携センター」として開設され、2014(平成26)年4月に、現在の名称に改称しました。中央アジア諸国の有力大学・研究機関とのネットワーク構築を通じて、本学と同地域の学生・研究者との交流や共同研究を促進し、主に日本語教育、日本研究及び中央アジア地域研究をはじめとする幅広い研究分野における世界的な研究拠点を形成することを目的としています。

2014.4 「筑波大学中央アジア事務所」を「筑波大学タシケントオフィス」に改称。