最新ニュース

2017/08/03
ブラジル渡航の留意点について

2017年8月
筑波大学サンパウロオフィス

ブラジル渡航の留意点について
(「武者修行」「ハバタケ!(CiC枠)」などの短期間の派遣学生の場合)

【航空券】
 ・何社か見積額を比較する。(ネット予約より旅行代理店の方が安いことも。)
 ・日本からブラジルへの経由は主に3パターン。ヨーロッパ経由、アメリカ経由、中東経由。
アメリカ便は、比較的安価だが、ESTAと乗換え時に再チェックインが要ることに注意。

News

2017/07/20
【イベント情報】ボンオフィスがボーフム大学Japan-Tage(日本デー)に参加

7月22日(土)、ボーフム大学Landesspracheninstitutで行われる日本紹介イベント「Japan-Tage(日本デー)」にボンオフィスが参加します。
詳しくはイベントのウェブページをご覧ください。

News

2017/07/12
ベルリン自由大学からの留学予定学生向け説明および筑波大学ドイツ校友会ベルリン支部会合を開催

 ベルリン自由大学において、本学に留学を予定している学生に向けた説明会を開催しました。
 説明会では4名の留学予定学生に対し、相澤ボンオフィス所長による学生個別への留学手続き等説明のほか、筑波大学ドイツ校友会ベルリン支部代表のMaria Pastukhova氏による本学留学経験を踏まえた説明が行われました。また、日本からベルリン自由大学留学中の本学学生も同席し、Pastukhova氏の発表に逐次コメントを加える形で説明に協力をしました。
 説明会終了後には校友会ベルリン支部会合が行われ、校友会員、説明会参加者など約20名が参加し、互いに親交を深めました。

News

2017/07/12
NRW州内協定校からの留学予定学生向け説明および筑波大学ドイツ校友会ボン支部会合を開催

 6月12日にボン大学国際部の一室をお借りして、NRW州内の各協定校(ボン大学、ケルン大学、ボーフム大学)から本学に留学を予定している学生9名に向けた説明会を開催しました。相澤ボンオフィス所長からの留学手続き等についての説明に加え、筑波大学ドイツ校友会ボン支部代表のAndre Zerbe氏および、校友会員で現在ボンオフィスにてアシスタントも務めているMike Tünker氏による、自身の留学経験を踏まえた大学説明が行われ、留学予定学生からは授業や宿舎に関して活発な質問が寄せられました。また、説明会には各校に留学中の日本人学生も参加し、ドイツ人学生たちと盛んに情報交換を行いました。

News

2017/07/12
永田学長がThe 2017 Hamburg Transnational University Leaders Councilに参加

 6月7日から8日の2日間にかけて、永田恭介学長がドイツ連邦共和国 ハンブルク市で開催された The 2017 Hamburg Transnational University Leaders Councilに参加しました。

News

2017/07/12
永田学長がドイツ ボーフム大学を表敬訪問

 6月6日、永田恭介学長がドイツ連邦共和国 ボーフム大学 のAxel Schölmerich(アクセル・シェルメリヒ)学長を表敬訪問しました。

 Schölmerich学長との会談には、Uta Hohn(ウタ・ホーン)副学長のほか、ボーフム大学を代表する各研究分野の教員が参加し、今後の両学の交流拡大に向けた活発な意見交換がなされたほか、ボーフム大学が誇る重点研究分野に関するプレゼンテーションや、最先端研究施設の見学も実施されました。

News

2017/07/12
永田学長がドイツ サイバーダイン・ケア・ロボティックス社を訪問

 6月6日、永田恭介学長がドイツ連邦共和国 ボーフム市にあるCyberdyne Care Robotics GmbH(サイバーダイン・ケア・ロボティックス社)を訪問しました。

 同社は、システム情報系 山海嘉之教授(サイバニクス研究センター長)が代表を務める筑波大学発のベンチャー企業 CYBERDYNE(サイバーダイン)株式会社の子会社で、医療用ロボットスーツ「HAL」の欧州展開を推進しています。

News

2017/07/07
日本語・日本文化サマースクールの開講

2016年に引き続き、今年もカザフ国立大学東洋学部において日本語・日本文化サマースクールを開講しました。コースにはAlmaty市の学校からだけではなく、Aktobe市、Shymkent市、Zhambyl州からの7名の生徒(9~10年生)が参加してくれました。東洋学部日本語講座の教員・学生が日本語、日本文化の授業を行いました。

News

2017/07/06
日本・カザフスタン友好フォーラムへの参加・発表

2017年6月25日 (日)、Rixos Hotel Almaty (Kazakhstan) において日本財団がJapan Kazakhstan Friendship and Cooperation Forumを開催しました。日本財団はこれまで10年以上にわたり、トルコに留学する中央アジア出身の留学生に対して奨学金を支援してきました。今後、同財団は活動の基盤をトルコから中央アジアに移し、中央アジアの親日家・知日家を増やすことを希望しているとのことです。その出発点として、同フォーラムが実施されました。

News

2017/06/26
台湾・大学関係者一行が来訪

2017年6月19日、台湾各地の大学関係者一行が来訪しました。
今回の来訪は、6月18日に茨城県水戸市にて開催された「台湾留学フェア」に参加した19大学から関係者が国際交流に関する意見交換を目的として本学を訪問したものです。
 
本学の台湾事務所が設置されている国立台湾大学の他、協定校である国立台湾師範大学、国立成功大学、輔仁大学をはじめ台湾各地の大学関係者47名が来訪しました。本学と台湾の更なる交流推進が期待されます。

News

2017/06/09
第4便 体育専門学群 定森勇輔さんより

Olá gente!
久しぶりの投稿です。
体専4年(?)定森です。

今まで、投稿をなまけてしまい、あと2か月を切ってしまったので、これから週1ペースで更新できたらなーと思っています。
ということで、今回は、サンタカタリーナ州ブルメナウで10月に行われたオクトーバーフェスト“Oktoberfest”についてです。

自分は友人たちと最終週の週末に行ってきました!
片道バスで8時間かかるので金曜の授業後にみんなで夜行バス。。。

News

2017/05/26
台湾・台中第一高級中等学校一行が来訪

2017年5月25日、台湾・台中第一高級中等学校一行が来訪し、大学見学を行いました。

台中第一高級中等学校(台中一中)は、本学の附属駒場高校と2015年に交流協定を締結し、研究発表や授業に参加するといった国際交流を実施しています。駒場高校からは毎年約20名の高校生が台中一中を訪問し、台中一中からは約60名が隔年で駒場高校を訪問しています。

News

2017/05/26
留学コーディネーター配置事業「第3回ブラジル留学生受入校連絡会議」開催

2017年5月11日(木)「第3回ブラジル留学生受入校連絡会議」が筑波大学東京キャンパスで開催されました。
 本会議は、本学ベントン・キャロライン・ファーン副学長(国際担当)の開会挨拶に始まり、続いて文部科学省、駐日ブラジル大使館、独立行政法人日本学生支援機構及び出席の6大学より挨拶がありました。

News

2017/05/16
カザフ国立大学副学長表敬、CiC説明会

2017年2月20日、本学の小野正樹中央アジア事務 所長がカザフ国立大学のKhikmetov Askar副学長を表敬訪問しました。筑波大学とカザフ国立大学の間で学術交流協定が2007年10月に締結されて以来、カザフ国立大学が多くの優秀な学生を本学に送ってくれたことに、またロシア語研修という形で本学の学生をカザフ国立大学が毎年受け入れていることに対して、小野所長がお礼を申し上げました。

News

2017/05/16
カザフスタン概論「カザフスタンの環境問題」の受講

筑波大学の学生がカザフ国立大学東洋学部においてカザフスタン概論の講義を受けました。学生達は2017年2、3月にカザフ国立大学でのロシア語研修を受けました。その研修の一環として、東洋学部の日本語教師達が学生にカザフスタンの文化、言語、環境問題に関する講義を行いました。

News

2017/05/16
カザフスタン概論「カザフ語」の受講

筑波大学の7人の学生がカザフ国立大学でロシア語研修を受けました。研修期間中、カザフ国立大学東洋学部日本語講座の教師が学生達のためにカザフスタンを紹介する特別コースを開講しました。2017年3月2日に、Shadayeva Madina日本語講座長がカザフ語について講義をしました。

News

2017/05/16
「日本週間2017」の実施

「日本週間」は日本語学習者が日頃勉強している日本語のレベルを上げるために、また日本についての知識を深めるのに、そして日本とカザフスタンの交流を広げるために、カザフ国立大学東洋学部極東学科が企画している年中行事の一つです。本年度は2017年3月10日~13日の期間に実施しました。
・3月10日: 在カザフスタン日本国特命全権大使である川端一郎閣下に「カザフスタン・日本外交樹立25周年」という題目で講演をしていただきました。質疑応答では、学生から「ロシアと日本の外交関係はカザフスタンと日本の外交関係にどのような影響を与えるのか?」といった質問が出ました。

News

2017/05/16
「東洋学オリンピック2017」

2017年3月29日、30日に、カザフ国立大学東洋学部が「東洋学オリンピック2017」を実施しました。「東洋学オリンピック」はカザフスタンの大学の東洋学部で東洋諸国(例えば、トルコ、インド、中国、韓国、日本)の社会、歴史、文化を学んでいる学生が日頃の勉強の成果を披露するコンクールです。カザフスタンの大学で東洋語を学んでいる学生がカザフ国立大学に集まり、各国の歴史・社会の問題を解き、各言語でエッセイを書き、さらに各自関心のあるテーマについてプレゼンを行います。今年、日本語部門にはカザフ国立大学、カザフ国際関係外国語大学、ユーラシア国立大学の学生16名が参加しました。

News

2017/05/16
第21回中央アジア日本語弁論大会

2017年4月29日にビシュケク人文大学(キルギス共和国)において、第21回中央アジア日本語弁論大会が開催されました。キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタンの学生17名が弁論に臨み、日頃の日本語の勉強の成果を披露しました。カザフスタンからはAlimbetova Aidaさん(カザフ国立大学2年)、Umeshova Meruyertさん(同上)、Bakytzhan Marzhanさん(カザフ国立大学3年)、Bekzhanova Samalさん(同上)が弁論大会で発表をしました。

News

2017/04/24
Call for applications: Short-term exchange students to Peru

The Trans- Pacific Human Capital Development Program short-term student exchange will take place in Pontificia Universidad Catolica del Peru from September 2017.

Date: September 1 to 23 (For 3 weeks)

University: Pontificia Universidad Catolica del Peru

News

2017/04/24
ペルー短期派遣生募集

大学の世界展開力強化事業「持続的な社会の安心・安全に貢献するトランスパシフィック協働人材育成プログラム」では、ペルーへの短期派遣学生を募集しております。

期間:2017年9月1日~3週間程度

大学:ペルー カトリカ大学

対象:筑波大学正規課程在籍学生

費用:授業料不徴収、往復航空券の支給あり、宿泊費は本プログラムで負担。

奨学金:JASSO奨学金(GPAの申請基準を満たす者)

応募期限:2017年5月10日(水)12:00必着

News

2017/04/14
JASSO奨学金プログラムの留学報告・説明会が開催されました

 2017年4月12日、ボンオフィス相澤所長主催により、「JASSO海外留学支援制度(協定派遣)」の留学報告・説明会が人社棟で行われ、30名を超える学生、教職員が参加しました。前半はJASSOプログラムを利用し半年~1年間、ドイツをはじめとするヨーロッパの協定校等に留学した10名の学生たちが、それぞれの留学の目的や現地での経験、感想などの発表をしました。

News

2017/04/14
第3回国際学生フォーラム

2017年3月3日カザフ国立大学東洋学部棟において、第3回国際学生フォーラが行われました。学生が社会的な問題を学習言語で発表するということがフォーラム開催の目的です。2015年は外国語教育、2016年はジェンダーの問題がテーマでしたが、今年は «Проблемы пожилого населения в Казахстане и Японии»(カザフスタンと日本の老人問題)をテーマとしました。筑波大学の留学生グループはロシア語で日本の老人問題を、カザフ人学生はカザフスタンにおける老人問題を日本語で発表しました。

News

2017/04/14
2017年度ロシア語研修

2017年2月19日~3月10日の間、本学の学生8名がカザフ国立大学準備学部でロシア語の研修を受けました。このロシア語研修イベントは2015年以来毎年行われており、今年で3年目になります。学生はレベル分けテストを受け、各レベルに適したロシア語コースに入ります。研修をこれまで以上に充実させようと、今年、カザフ国立大学極東学科は色々なイベントを企画しました。本研修中に行われた行事は以下の通りです。

News

2017/04/06
筑波大学カザフスタン留学生同窓会2017

2017年2月19日、アルマトイ市内のレストランにて筑波大学カザフスタン留学生同窓会が行われました。筑波大学に留学経験のあるカザフ人同窓生や学生、筑波大学からの長期・短期留学生、筑波大学への留学を希望する学生・大学院生等、総勢約30名が同窓会に参加しました。

会ではYerzhan Bolat氏(Rosenblatt & Company LLP )が新同窓会長に選出され、その他、筑波大学への正規生のリクルート方法や留学生のサポート体制、就職・進学支援についても議論されました。

News

2017/04/05
中央アジア諸国日本研究カンファレンス

2017年2月18日、19日に東芝国際交流財団後援のもと「中央アジア諸国日本研究カンファレンス」がカザフ国立大学東洋学部棟で行われました。カザフスタンとその近隣諸国で日本・日本語を研究する研究者・学生、および中央アジアを研究対象とする日本の研究者・学生が日頃の研究成果を発表する場として、カザフ国立大学東洋学部極東学科が本カンファレンスを企画・主催しました。カンファレンス開催の目的は、参加者同士の交流によって、当該地域の日本・日本語研究と教育の水準を向上させることにあります。

News

2017/03/31
The Coordinator for Study in Japan Project Symposium

The Coordinator for Study in Japan Project Symposium sponsored by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) was held. The Sao Paulo Office Coordinator Mr. Akihiko Yahata and the Office of Global Initiatives’ Director of the University of Tsukuba, Prof. Osamu Ohneda, delivered a presentation on the recruitment of students from Brazil.

News

2017/03/30
Universidades realizam o Simpósio Coordenador dos Estudos no Projeto Japão

Universidades realizam o Simpósio Coordenador dos Estudos no Projeto Japão

News

2017/03/30
Professor Kunihide KODA conduziu Seminários de Kendo no Brasil

O Professor Kunihide Koda da Faculdade de Saúde e Ciências do Esporte e Instrutor de Kendo de oitavo grau, apresentou informações sobre estudos no Japão e encorajou o intercâmbio cultural através do Kendo no Brasil entre os dias 12 e 19 de janeiro de 2017.

News

ページ