JASSO奨学金プログラムの留学報告・説明会が開催されました

 2017年4月12日、ボンオフィス相澤所長主催により、「JASSO海外留学支援制度(協定派遣)」の留学報告・説明会が人社棟で行われ、30名を超える学生、教職員が参加しました。前半はJASSOプログラムを利用し半年~1年間、ドイツをはじめとするヨーロッパの協定校等に留学した10名の学生たちが、それぞれの留学の目的や現地での経験、感想などの発表をしました。

 後半は学生交流課の職員による奨学金プログラムの仕組み、申請方法、留意点について説明がありました。また、人文社会系 青木教授は、今の過渡期にあるヨーロッパを実際に体験することへの力強い後押しの言葉とともに、世界で起こりうる様々危険の可能性に十分注意するよう話されました。

 留学を考える学生たちにとっては、留学に必要な手続きだけでなく、渡航前に必要とされる語学力、現地での自己リスク管理など、実際的な心構えを知るための有意義な催しとなりました。