海外安全・危機管理

海外での滞在をより充実したものにするために最も重要なのが、安全・危機管理対策です。海外への渡航に際しては、「自分の身は自分で守る」ことを念頭に、渡航前から充分な情報収集を行い、リスク回避にむけた対策をとっておきましょう。

本学では、海外での危機発生時における学生及び教職員の渡航に関する指針の策定のほか、各種リーフレットや海外安全ハンドブックの作成、海外危機管理セミナーの実施等により、海外へ渡航する学生・教職員にむけた様々な危機管理に関する取組みを実施しています。

以下の本学基幹サイトに、海外安全・危機管理に関する情報がまとめられていますので、渡航前に確認してください。

  • 海外での危機発生時における学生及び教職員の渡航に関する指針について
  • 海外渡航届の提出について
  • 刊行物(海外安全リーフレット・海外安全ハンドブック)
  • 海外危機管理セミナー
  • 健康管理・感染症対策
  • 海外旅行保険・留学保険
  • 海外安全危機管理サービス(OSSMA)
  • 外務省「たびレジ」「在留届」への登録
  • Emergency Contact Card(緊急連絡カード)

TOPページへ戻る / このページの先頭へ